シャルトルの円形小屋 : Rotonde de Chartres

Rotonde de Chartres シャルトルの円形小屋


35, boulevard Courcelles (parc Monceau), 75008, Paris.
1787-1788 : Claude-Nicolas Ledoux : néoclassicisme.
1861 (modification de la surface de la colonne et du dôme).

クールセル大通り35番地(モンソー公園内)、パリ8区
1787‐1788年:クロード=ニコラ・ルドゥ:新古典主義様式
1861年(円柱の表面加工、及び丸屋根の改築)

Œuvre de C.-N. Ledoux クロード=ニコラ・ルドゥの作品

Cette jolie rotonde conçue par Claude-Nicolas Ledoux se situe dans le parc Monceau. C’est le duc de Chartres, futur duc d’Orléans qui en était le propriétaire. On appelle donc cette rotonde « la rotonde de Chartres ».
モンソー公園に位置する、かわいらしい円形小屋です。クロード=ニコラ・ルドゥ作。モンソー公園は、後のオルレアン公、シャルトル公の所有地であったため、この建物も「シャルトルの円形小屋」と呼ばれるようになったのでした。

Les colonnes adoptent le style dorique, sans le triglyphe et la métope. La cannelure s’ajoute en 1861.
列柱は、トリグリフとメトープなしのドーリア式。円柱表面の縦縞加工は、1861年に付け加えられたもの。

Je ne sais depuis quand cette horloge est là.
この時計がいつ付けられたのかは、不明。

Le rez-de-chaussée et le premier étage sont utilisés comme bureau d’octroi des Fermiers Généraux. Et l’étage supérieur servait du salon et de la terrasse du duc de Chartres.
大革命前までのパリでは、市への物品の出入りには関税がかけられていました。シャルトルの円形小屋の1階・2階は、その税関事務所として使われていました。3階部分は、シャルトル公のためのサロンと展望室。

Références

Autre travail de Claude-Nicolas Ledoux : クロード=ニコラ・ルドゥの他の建築

Photos prises en décembre 2017.
2017年12月撮影

Autres articles : ほかの建物など ↓